読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみびと

私が好きな本・映画・音楽・ガジェットを紹介していきます。

『読書について』ショーペン・ハウアー著 レビュー、感想

今回の記事は、

ショーペンハウアーが書いた「読書について」語って行きたいと思います。

 

ショーペンハウアーが読者に訴えたいこと

早速本題に入らせていただきますが、

著者であるショーペンハウアーが、この本を通して

読者に伝えたかったことは一体何か?

 

それはもはや、この本の冒頭に記されています。

 

読書は自分で考えることの代わりにしかならない。自分の思索の手綱を他人にゆだねることだ。おまけに多くの書物は、いかに多くの誤った道があり、道に迷うと、いかにひどい目にあうか教えてくれるだけだ。けれども創造的精神に導かれる者、すなわちみずから自発的に正しく考える者は、正しき道を見出す羅針盤をもっている。だから読書は、自分の思索の泉がこんこんと湧き出てこない場合のみ行うべき

 

ーー『読書について』

少し難しい表現が使われているかなとおもうので、私なりに解説してみますね。

 

ショーペンハウアーがここであなたに伝えたいことは、

 

「本を読むときには、本を読む目的を考えなさい」ということなんです。

 

あなたが何かを勉強したいと思っていたりとか、

仕事のためにスキルを向上したいと思って本屋さんに行くと、

本屋さんで好きな本が広がっている光景を目にしているだけで楽しいですよね。

 

そこから予算の許す限りで本を購入して家に帰る。

 

その道中って、

「自分ってまた賢くなるのかー!」ってワクワクしますよね。

成長するのって本当に嬉しいことですし、そこからどんなことができるだろうと考えるだけで未来が楽しく感じられます。

 

 

ただ、そこから本を読んだ後に

「はー、面白かった。」とただ本を読んだことに満足してしまっていませんか?

 

確かに本を読むことで、

その本を書いた人の考え方に触れることができるのですが、

 

本に書かれているないように納得はしても、

友達とかに本の内容について聞かれても説明できないなんてことはありませんか?

 

つまり、本からどのようなヒントを得るかが大事なのに、

いつしか本を読むことの目的が「本を読むこと」になってしまっていませんか?

 

ショーペンハウアーは、そんな本を読んだだけで満足してしまう人に対してこんな言葉をかけています。

 

習得しただけの真理は、義手や義足、義歯、蠟製の鼻やせいぜい別の肉でこしらえた隆鼻術の鼻のように、私たちに貼りついているにすぎない。

 

ーー「読書について」

 

つまり、本から学んだ知識を頭の中に詰め込んでいるようでは、

体の一部になったわけではなくて、入れ歯をしたようなもんだよ

 

と言っているわけですね。

 

つまり、ショーペンハウアーがこの本で訴えたいのは、

「ただ本を読んだだけで満足しているようじゃ意味ないよ」ってことなんです。

 

 

 

では、一体どうしたらいいのか?

ショーペンハウアーは次のように語っています。

 

本を読んでも、自分の血となり肉となることができるのは、反芻し、じっくり考えたことだけだ。

ーー『読書について』

 

この言葉を言い換えると、

本を読んだ後には、必ずその本について振り返ってじっくり考えてみる必要があるということなんです。

 

当たり前のことかもしれませんが、

これをできている人ってなかなかいませんよね。

 

ショーペンハウアーの思想をどうビジネスに活かすことができるのか

今回の記事でとりあげたショーペンハウアーの『読書について』という本ですが

これをビジネスにおいて置き換えてみるとしたらどうでしょうか?

 

少しだけでもいいので考えてみてください。

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

私自身にも言い聞かせるように書きますが、

新しいビジネスを学びたいってときに本を読んだり、

セミナーに言ったりすると思うのですが、

 

たまに本を読んでいるだけで満足していたり、

セミナーに出るだけで満足してしまっている人っていますよね。

 

そういうひとのことを「ノウハウコレクター」とも呼びますが、

結局学んだだけで行動に移せないで終わってしまうのです。

 

ではそのような事態にならないためにはどうするのか?

 

そこで役に立つのがこのショーペンハウアーの『読書について』です。

 

行動と言っても行動の前には何かしらの「考え」がなくてはいけませんので、

セミナーに参加したり、本を読んで学んだことを自分でじっくり考えてみることが大事です。

 

「どうしたら自分の人生に活かせるのか?」

「今この瞬間から活かせるものは何か?」

 

そのような視点で考えてみるのがいいと思います。

 

あなたもノウハウコレクターにはならず、

自分の手で人生を切り開いていけるようになりましょうね!

 

>コンテンツ一覧