読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみびと

私が好きな本・映画・音楽・ガジェットを紹介していきます。

『人生と財産』本田静六(著) あらすじ、概要、解説、メモ

本日の記事は『人生と財産』本田静六(著) について。

 

・本書の概要

普通の人でも、世間の人があっというような何かを成し遂げるためにはどのように人生を計画していくべきかを本人の体験を交えて説いている。

 

・本田静六氏について
日本の林業、庭園建設に多大なる功績を残した。

 

また、極貧のから身を起し、現在の金に換算して100億を超える財を築き、後にそのほとんどを寄付した。

 

・本田静六氏が実践した生き方
その成功の源泉とは、人生を20年単位に分け、さらにこれを5年に分割して計画を立てる。

 

こうすることで一日も無駄にはできなくなる。

 

・本田静六氏が実践した蓄財法

給料の4分の1を天引きで貯金する。臨時収入が入ったとしても一切手をつけずに貯蓄に回す。ある程度の金額が溜まったら資産運用を始める。

 

本田静六氏は林業から開始し、株などにも手をつけた。

 

・本田静六氏が語った印象的な言葉

本多静六は85才で亡くなる際、こう語る。

「私はまだまだ生きるつもりにしているが、人生必ずしも意の如く運ぶとは限らない。そこで、運んでもよし、運ばないでもよしで、人は常に最善の用意をしておかなければならぬ。これが人生即努力の所以である。私は百二十まで生きるつまり、また生きてもよいつもりで、私の人生計画を樹てた。そしてそのように努力をつづけてきた。今ここで再び起たぬことになったとしても、これはけっして無意義に終わったとは考えない。」

 

--------------

・感想

才能のない凡人でも、貯蓄をすればお金もちになれるということを自分の人生で証明したことに賞賛したい。

 

本田静六氏は日比谷公園を作ったりと、公共事業の投資もした。それも無償である。

 

社会に寄与できる人材になりたい人に勧めたい1冊。

 

<a href="http://yuk123.com">>コンテンツ一覧へ</a>