読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみびと

私が好きな本・映画・音楽・ガジェットを紹介していきます。

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』中島聡(著)をよんで

ビジネス書 自己啓発

今日の記事では、

 

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』

という本についてお話しします。

 

この本では言われていることを簡潔に説明すると、

 

「仕事を与えられたら、すぐに取り掛かり、"とりあえずの完成形"をつくる」

 

ということであると思います。

 

この本の著者について

著者である中島聡さんは、

 

マイクロソフトで働いており、Windows 95を作ったチームの中心人物でした。

 

「ドラッグ&ドロップ」や「右クリック」という概念を生み出した人でもあります。

 

また、中島氏は、

 

マイクロソフト創始者のビル・ゲイツにもその仕事ぶりは認められるほど、

 

仕事を圧倒的なスピードでこなせる人だったようです。

 

この本のポイント

  • "まず仕事に取り掛かり、とりあえずの完成形を作ってしまう"

 

  • プロジェクトの「暫定」完成形ができたら、全体工数の想定をする

 

 

  • 指定された期日までの最初の20%の期間で、全体の80%を仕上げる

 

  • 夜22時まで残業するより、家族と晩御飯を食べ、翌朝7時から仕事をする。

 

  • 「なるはやで」と曖昧に締め切りを示す人は仕事がデキない人である。

 

  • 仕事を算数に例えると、「基本問題」より「応用問題」から取り掛かる。

 

この本をよんでほしい人

  • クリエーティブな仕事を求められるサラリーマン

 

 

  • 期限内に企画を立てたり、成果を出さなければいけない人

 

  • 日々のメールや電話、問い合わせの対応に忙殺され、本来やるべき仕事が後回しになっている人。

 

  • なんとかギリギリに徹夜で企画を間に合わせ事なきを得て評価されている

 

  • どんどん仕事を任されているが、いつもぎりぎりでいつ失敗するか不安な人。

 

  • 宿題の締め切りに追われる大学生・専門学校生

 

 

所感

私は、仕事を後回しにしてしまうことが多いです。

 

その結果、締め切り前日に徹夜をしてしまったり、締め切りの延長を申し出ることもあります。

 

そういった背景があったため、

 

本書を読んだことで、私は「やるべき仕事の見積もりがいつも甘いなあ」と実感しました。

 

本を読んだのに実行しないのでは読んだ意味がないので、

 

これからは、

  • クリエイティビティに関わる仕事は集中して先に8割終わらせること。

 

  • 1日で重要な仕事は午前中に終わらせる。

 

  • 他人とのやりとり(メールや電話対応)は午後にこなしていく。

ということを試していきたいと思います。

 

 

この本に足りない点

上記に「この本を読んだ方がいい人」で示した通り、

 

裁量労働制の会社で働いているサラリーマンの方にはおすすめできます。

 

 

しかし、新入社員であったり、まだ自分の仕事に慣れておらず全体観に立って

 

仕事の量を見積もれない人にとってはあてはまらないのでは?と思います。

 

どんな仕事を与えられたのかって、最初じゃわからないですからね。

 

 

ただ、わからないなりに上司や同僚に相談したり、

 

まずはやってみてどのくらい時間がかかりそうなのかを明確にするだけでも

 

「仕事がデキる人」と「仕事がデキない人」の差は開けてきます。

 

 

まずは取り掛かる。そこから先を見通して全力で終わらせる。

 

 

そういったメリハリのある仕事をしていきましょう!