よみびと

私が好きな本・映画・音楽・ガジェットを紹介していきます。

『金持ち父さん貧乏父さん』 ロバート・キヨサキ (著) をよんで

今日の記事では、

『金持ち父さん貧乏父さん』という本についての記事です。

 

簡潔にこの本で主張されていることをまとめるなら、

 

「お金持ちになるためには、お金について勉強すべきである」

 

ということであると思います。

 

本のタイトルともなっている「金持ち父さん」と「貧乏父さん」というのは、

 

著者でロバート・キヨサキ氏の実の父と、友人の父のことです。

 

その一人は、キヨサキ氏の実父で、高学歴のサラリーマンだが貧乏で、

 

もう一人は、友人の父で、低学歴の投資家なのですが、裕福なのです。

 

この本は、この二人の父さんを比較する事で、正しいお金の知識を浮き彫りにした本となります。

この本のポイント

 

以下に、この本で学び取れるポイントをいくつか紹介します。

 

  • 学校教育は、誰かに雇われるような人を育てる。

 

  • 学校教育をうけた人たちは、お金を守る事を学んでいない為、一生働き続けることになる。これは、小さな輪の中を走るだけのハムスターと同じだ。

 

  • 誰かに雇われる人は、会社のオーナーの利益、国への税金、銀行への利息の為に働いている。雇われ人のもとに入る給料は、残りかすだけだから、貧乏。

 

  • 不労所得のみで生活できて初めて、お金を自分の為に働かせたと言える。

 

  • 会社を作ることで、経費として会計に計上でき、節税することができる。

 

  • 会計、投資、市場、法律の知識があればお金を産み出すことができる。しかし識のない人は、ただ働くだけしかできない。

 

  • 損をする人は、損する事を恐れてばかりの人。

 

所感

この本を読んだことで、私の「お金持ち」に対する考え方が変わりました。

 

私は学校教育を通して、「雇われ人」として生きる事しか学ばなかったんだなあと。

 

世間一般で信じられているとおり、金持ちは悪人、ズルをしているようにとらわれがちです。

 

しかし、金持ちと呼ばれる人たちには、その理由があることを学びました。

 

この本に足りない事とは

この本は、具体的にどのようにお金を増やしていけるのかは書いてありません。

 

本には、著者のロバートキヨサキ氏が株と不動産でお金を増やしていった体験が書いてあります。

 

なのですが、今となっては経済情勢や時代が違うので、著者が実践した方法を使ってもお金は稼げません。

 

いわば、お金に対する考え方、哲学を深めるためのマインドを学ぶ本と言えます。

 

したがって、実際に手元にあるお金を増やしていく方法を学びたい人は、違う本を読んでみてください。