読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみびと

私が好きな本・映画・音楽・ガジェットを紹介していきます。

『学問のすすめ』 福沢諭吉著 レビュー、解説、感想

今回の記事では、福沢諭吉の『学問のすすめ』についてお話しします。 学問のすすめに関しては、Wikipediaのページでよくまとめられていますし、 他の方が執筆されたブログでも非常によく書かれているので、 この記事では私なりの解釈を加えて解説していきた…

『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳) 解説、あらすじ、感想、レビュー

今回の記事は、 ケリー・マクゴニガル氏の『スタンフォードの自分を変える教室』という本について。 本書が読者に伝えたいこと 意志力は体力や筋力と同じ。継続的に訓練することで鍛えることができるし、一日の中で使える量が決まっている。 本書をおすすめ…

『世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ』  マッテオ・モッテルリーニ (著), 泉 典子 (翻訳)  あらすじ、解説、感想

本書を通して著者が伝えたい事 人間は自分で判断しているように思えるが、実は環境に影響されて決断をしている。特に、ヒトの購買行動は合理的な理由を基に行われず、ほとんどの場合感情によって行われる。 本書をおすすめしたい人 商品の販売をしている営業…

『私はどうして販売外交に成功したのか』  F・ベトガー (著), 土屋 健 (翻訳), 猪谷 千春 (その他)  あらすじ 解説 感想

今回の記事は『私はどうして販売外交に成功したのか』 F・ベトガー (著)に関して。 本書で著者が訴えたい事 自分の仕事に情熱をもて 情熱的な人になるには、情熱を込めた行動をすればいい。 始め方は簡単。毎日の何気ない行動の中に小さな行動をいれてみる…

『人生と財産』本田静六(著) あらすじ、概要、解説、メモ

本日の記事は『人生と財産』本田静六(著) について。 ・本書の概要 普通の人でも、世間の人があっというような何かを成し遂げるためにはどのように人生を計画していくべきかを本人の体験を交えて説いている。 ・本田静六氏について日本の林業、庭園建設に多…

『学び続ける力』 池上彰 講談社現代新書 あらすじと解説、感想

池上彰氏が著した本『学び続ける力』(講談社現代新書)のあらすじと解説、感想を述べる。 この本のメインテーマ 巷にあふれる「学び続けるためのテクニック50個教えます」といったハウツー本ではない。 著者は、この本を通して学ぶことの楽しさを少しでも読者…

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』中島聡(著)をよんで

今日の記事では、 『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』 という本についてお話しします。 この本では言われていることを簡潔に説明すると、 「仕事を与えられたら、すぐに取り掛かり、"とりあえずの完成形"をつくる」 という…

『金持ち父さん貧乏父さん』 ロバート・キヨサキ (著) をよんで

今日の記事では、 『金持ち父さん貧乏父さん』という本についての記事です。 簡潔にこの本で主張されていることをまとめるなら、 「お金持ちになるためには、お金について勉強すべきである」 ということであると思います。 本のタイトルともなっている「金持…

『ITビジネスの原理』 尾原 和啓 (著) をよんで

今日の記事では、 『ITビジネスの原理』という本を紹介します。 本の中身は、ITやビジネスに関しての初心者でも納得しながら読める「IT業界で行われてきたビジネスとその仕組み」が簡潔に書かれた本です。 筆者である尾原和啓氏は、本書で紹介するITビジネ…